日本初!人力車「えびす屋」マルチスマホ決済導入

2019年1月22日

観光人力車を運営する「えびす屋」に業界初となるマルチスマホ決済の導入が決定

 

全国的にキャッシュレス決済が盛り上がりを見せ外国人観光客はもちろん、日本人もキャッスレスのユーザーが増えている中、屋外で乗車代金が発生する人力車では東京、浅草でのクレジットカードと一部単体アプリ決済に対応するのみに限られていました。

操作方法も簡単で利便性の高い当社の決済サービスは、導入企業だけでなく利用者にとっても有益であることから、観光人力車を運営する「えびす屋」へマルチスマホ決済を導入することでユーザー体験の向上と、競合他社との差別化をはかり日本の観光産業の発展を後押しできると確信しています。

■概要

2018年12月に実証実験の結果を経て京都、浅草の俥夫(引き手)・スタッフ延べ250人がQRコードを保有し、決済が可能になります。端末がいらない日本美食のQRコード決済であれば、俥夫(引き手)さんが各自QRコードをもっているだけでどこでも支払いが可能になります。

 

2018年12月 京都嵐山で実証実験

2019年2月 東京浅草で運用開始

2019年3月 京都嵐山東山地区で運用開始

その他全国8営業所でも順次導入予定

 

■観光人力車「えびす屋」について

京都嵐山で1992年に創業し、全国9か所の観光地で240台ほどの人力車を稼働させている観光人力車業者。多言語に対応できるスタッフも多く配備され、訪日外国人客もよく見る観光情報サイト「トリップアドバイザー」でも高く評価されています。事前予約・当日申込ともに訪日外国人客の利用がおよそ半数を占めています。

他のお知らせを読む

導入に関する不明点は、
こちらまでご相談ください