駅そば店「いろり庵きらく」でのスマートフォン注文・決済の実証実験を開始

2018年9月10日

2018年9月10日に弊社プレスリリースを配信致しましたのでご報告させていただきます。

PRTIMES様:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000022842.html

 

JR東日本スタートアッププログラム
駅そば店「いろり庵きらく」でのスマートフォン注文・決済の実証実験を開始

インバウンド観光客に特化した飲食・旅行の「広告・予約・購入・決済」のオンラインサービス『日本美食(ニホンビショクhttps://www.japanfoodie.jp )』を運営する日本美食株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:董路〔ドン・ルー〕、以下「日本美食」) は、東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)がベンチャー企業と協業し新たなビジネス・サービスを実現する「JR東日本スタートアッププログラム」の取り組みの一環として、駅そば店「いろり庵きらく」にて訪日外国人向けに、スマートフォンで注文・決済を行う実証実験を行います。

■駅そば店「いろり庵きらく」でのスマートフォン注文決済の実証実験
レストランの予約・決済サービスを提供する日本美食のシステムを使用し、「いろり庵きらく(上野店)」においてスマートフォン注文・決済の実証実験を行います。
増加する訪日外国人のエキナカ利用のニーズに対応するために、キャッシュレス決済の環境を整備するとともに、利用者数や注文・決済データを活用し、有効性を検証してまいります。

(1)実施時期
2018年9月10日~11月30日
(2)実施場所
いろり庵きらく(上野店)

(3)実施内容
店頭にQRコードを設置し、「日本美食」アプリおよびウェブサイト上で注文・決済を行い、食券を発行するこで訪日外国人がスムーズに注文できる実証実験を行います。

 

他のお知らせを読む

導入に関する不明点は、
こちらまでご相談ください